20190311

この前、初めて他人に怒った。

 

何があったかと言うと『〇〇されて腹が立った』と言えたのだ。

 

私は今までずっと、嫌だと思うことをされても、我慢してそれが過ぎ去るのを待っていた 。

ひたすら耐えたせいで、自分の限界を超えてしまい心身がボロボロになったこともある。

 

それがいつからか「嫌と思ったことはきちんと伝えよう」と思うようになった。

でも実行に移すことがなかなかできなかった。

今まで喧嘩なんてしたことがないのでやり方が分からない。伝えても相手が聞いてくれなかったらどうしよう。でも嫌なことをされて黙っているなんて嫌だ。

 

今回は「黙っているなんて嫌だ」という感情が圧勝したので伝えられた。

私自身が変わりつつある時期だったことも関係しているのではないかと思う。

誰かの支配下に置かれることなく、人と対等に付き合いたい。

そのために少しずつでもいいから自分を変えようと必死だった。今だってそうだ。

 

とにかく、このままバカにされ続けるのは嫌だったので伝えてみた。

初めは落ち着いて話すことができず、ただ感情をぶつけていた。

問題は解決しなかったし、納得のいく回答ももらえなかったけど、言えたことは私にとってすごく大きなことだった。